NTTコムウェア社 MySQL によってコンビニ収納代行システムのオープン化とコスト削減に成功

Themen: Embedded

NTTコムウェアでは、高度な通信基盤システムを展開してきたSIer としての経験から、ブロードバンド・ユビキタス社会における先進的なシステムやアプリケーションの開発には、“オープンソースソフトウェア”(OSS) の活用が不可欠だと考えています。NTTコムウェアが提供しているコンビニ収納代行サービス「スマートピット」のサーバを更改する際も、課題としてオープン化とコスト削減が掲げられました。OSS を使用することで、使用できる他のツールの選択肢も多くなり、将来的な機能拡張性の可能性が広がるからです。大量のデータを安全に、高速に処理でき、高可用性であるという性能面を満たす必要もありました。これらの要件を満たし、コスト的にも一番安価であることから、MySQL が選択されました。オープンソース化することによる性能の低下はなく、既存システムの信頼性、品質を踏襲することに成功しました。